パラミロン研究会

パラミロンとは

パラミロンとは

パラミロン(β-1,3-グルカン)とは、ユーグレナ属(Euglena gracilis)のみが細胞内貯蔵物質として生成する多糖類です。
パラミロンはユーグレナのすべての種に存在しますが、その個数、形状、粒子の均一性は種により特徴があるとされています。特に、パラミロンの細胞内含有量は、ユーグレナの培養条件(温度、培地成分、光の有無等)によっても大きく影響を受けます。
最近では、パラミロンの細胞内含有量が、最大乾燥重量の70%を超える種も発見されています。

ユーグレナとは

ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、単細胞の微細藻類です。ムシではなく、ワカメや昆布、テングサなどと同じ「藻」の仲間ですが、鞭毛を動かして活発に運動もし、植物と動物の両方の特徴を持ちます。環境への適応力に非常に優れ、光合成での成長も、暗中での生育も可能です。

パラミロン高含有のユーグレナ(EOD-1株)
パラミロン高含有の
ユーグレナ(EOD-1株)
パラミロン 電子顕微鏡写真
パラミロン 電子顕微鏡写真
パラミロン顆粒の三重螺旋構造
パラミロン顆粒の三重螺旋構造

※1:ユーグレナ生理と生化学,北岡正三郎編,1989

古くからの研究により、パラミロンは図「パラミロン顆粒の三重螺旋構造」の様に、3本の直鎖状のβ-1,3-グルカンが右巻きにねじれあった三重螺旋構造をとっていることが分かっています。このグルカン分子がいくつか集まってパラミロン顆粒を形成します。

パラミロンの構造式
パラミロンの構造式